サポート体制(福利厚生)

WELFARE

働きやすい環境づくりのため、様々な制度を用意しています。

C-Unitedではさまざまなライフステージや働き方に合わせた制度があります。
長期的なキャリア形成はもちろん、仕事とプライベートを両立させるための制度設計を進めており、
今後もさらなる制度の充実化を目指しています。
「お客様を幸せにするために、まず働く仲間が幸せであるべき」との考え方のもと、
これからも働く仲間をバックアップしていきます。

働きやすさのサポート

年間休日113日(2022年度からは114日へ)

厚生労働省の「平成30年就労条件総合調査」によると、国内の宿泊業・飲食サービス業の年間休日数の平均は97.1日となっています。 C-unaitedの年間休日数は、飲食業のなかでも多くの休日数を設定しています。

ウエルカム休暇(3日間)

入社時に3日間の特別休暇(有給)を付与します。年次有給休暇の付与は、入社後6ヶ月となりますので、その期間内での限定の休暇制度です。

バースデー休暇(1日間)、アニバーサリー休暇(1日間)

人生にとって大切な「誕生日」と「記念日」に使用できる特別休暇(有給)です。

リジョナル社員制度

転勤区分は全国転勤可のナショナル社員、地域限定のリジョナル社員に分かれており、入社時より選択することが可能です。
地域は設定された全国15地域の中から選びます。

食事補助

入社した全従業員に配布される「STAFF PASSCARD」。勤務外であっても、グループ内店舗(直営店のみ)での飲食が毎回20%OFFになります。しかも、何度でも利用可能です。

単身赴任手当&単身赴任者の帰省旅費

会社命令による単身赴任者には、月7万円の赴任手当が支給されます。また、赴任中に本拠地の自宅へ帰省する際の旅費は、月1回まで会社が負担します。単身赴任者の経済的な負担をできる限り減らすことで、仕事も家庭も大切にする環境を整えています。

その他の福利厚生制度

自己申告書制度、社内公募制度、有給休暇制度、特別休暇制度(赴任時、配偶者出産時など)、借上社宅制度、社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)

ライフステージごとのサポート

退職金制度(確定拠出年金)

確定拠出年金は、会社が掛金を毎月積み立てし、従業員自らが年金資産の運用を行う制度のことです。受け取りは60歳以降となりますが、年金以外に確実な資産形成をすることができます。入社3年以降の方に適用されます。

慶弔見舞金制度

結婚や出産、入院や傷害、災害などのライフイベントが発生した際には、会社から一定の金額が支給されます。また、内容によっては有給となる特別休暇を取得することも可能です。

時短勤務制度

育児による時短勤務は、中学校就学の始期まで延長が可能です。勤務時間も6時間と7時間から選択することができます。

その他の福利厚生制度

産前産後休暇、育児休業、看護休暇、介護休暇、介護休業、育児(介護)のための所定外(深夜)労働の免除など。

心と身体の

サポート

年2回の連続休暇(5日間)

「心と身体のリフレッシュをしてもらいたい」という願いから、年2回の連続休暇(5日間)を取得できる制度が作られました。家族旅行や一人旅、趣味に没頭するなど、使い道は皆それぞれです。仕事だけではなく、プライベートも充実させる。それが、C-United流の働き方のスタンスです。

ほっとライン(人事部直通)

ほっとラインとは、従業員間の人間関係から仕事の悩み、ハラスメントの疑いなど、仕事においてのあれこれを相談することができる制度です。各店舗には「人事部直通」の連絡先が掲示されており、電話とメールの両方で受付をしています。内容によっては、女性相談員を選択することも可能です。

定期健康診断

従業員の健康を守るための定期健康診断の受診率は100%です。たとえ大きな病気であっても、早期発見することで完治する可能性が高まります。個別の受診履歴、再検査の推奨を行っています。

産業医契約

従業員の労働時間や職場環境に関する問題点を、客観的な立場で指摘するのは産業医の役割です。安全衛生委員会の開催、希望者へのカウンセリングも担当の産業医により定期的に行われています。C-Unitedの安全安心な職場環境づくりに一役買っています。