社員インタビュー

INTERVIEWS

社員インタビュー

INTERVIEWS

1歩ずつ
キャリアの階段を
しっかりと。

海老原 真穂

営業本部 2nd asst MGR

2021年入社
ホスピタリティ・ツーリズム学部 同学科卒業

CAREER

高校1年生から大学卒業までコンビニエンスストアでアルバイト。大学では、ホテルのコンシェルジュを目指し、勉強に打ち込む。

当社内定後は『カフェ・ベローチェ柏駅東口店』で約半年間のアルバイトを経験。入社後『カフェ・ベローチェ岩本町駅前店』に配属され、

1年目の冬にマネージャーに昇格、現在に至る。

特別なひとときではなく“日常の幸せ”を

以前から人に接する仕事がしたいと思っていた私は、ホテルのコンシェルジュになりたいと考え、サービス業全般について学ぶ学部に進学しました。観光地のホテルでのインターンシップにも参加するなど、充実した学びができたと思っています。当然、就職も観光業界を志望していたのですが、コロナ禍の影響で観光業界は新規採用が激減。

志望業界から考え直そうと、大学のキャリアセンターに相談しました。そこで聞いたのが「ホスピタリティの面では『カフェ・ベローチェ』が群を抜いていますよ」とのアドバイスでした。

正直に言って『カフェ・ベローチェ』は名前こそ知っていたものの、それまで一度も利用したことがありませんでした。とにかく、話を聞いてみようと会社に足を運んだところ、とても温かく迎え入れてもらったのです。自社の採用のことよりも、私の就職活動そのものを気にかけてくれ、人に対する想いを大切にする人たちのいる会社だと感激し、私も一緒に働きたいと思いました。それにホテルは非日常の快適さを提供するのに対し、カフェのサービスは日常の幸せを提供するものです。それは、長くコンビニエンスストアでアルバイトを続けた私にとって、なじみやすいサービスでもありました。そんな思いも入社の決心につながりました。

常にポジティブでありたい

入社1年目の12月、『カフェ・ベローチェ岩本町駅前店』のマネージャーに昇格しました。自分で想定していたより早い昇格で不安はありましたが、同時に一気にモチベーションが上がったことを覚えています。岩本町駅前店に正社員は店長と私だけ。店長は別の店舗との兼務ですので、必然的に私が責任者として現場に立つ時間が長くなります。1年目から責任ある立場を任されていることを誇らしく感じています。

アルバイトスタッフの多くは私よりも経験豊富ですから、私が教わることも多いため、一緒に力を合わせて取り組む姿勢を大切にしています。特に心がけているのは、「ポジティブなフィードバック」です。例えばアルバイトスタッフがミスをしてしまったとき、「なぜ間違えたの?」と問えば本人の気持ちは落ち込み、ミスを引きずってしまうでしょう。ミスを指摘することは必要ですが、ネガティブにならないよう「こうしたらうまくいくかも」とポジティブな言い方に置き換え、「次はこうやって挑戦してみたら」とアドバイスするようにしています。これは私だけが心がけているのではなく、当社の誰もが大切にしている価値観です。「ポジティブさ」は、当社の最も魅力的なカルチャーではないでしょうか。

道はこれから選んでいきたい

私は髪を結ぶリボンの色を日によって変えています。そのことに気付かれたお客様からは「リボンちゃん」の愛称で呼ばれており、「今日はいい色だね」とお声をかけていただくことも。そんなコミュニケーションも、私が大切にする日常の幸せの一コマです。

私が理想とするのは、お客様が「ただいま」と言いたくなるようなお店です。我が家にいるようなくつろぎが得られる空間を、ぜひ自分の手で作り上げてみたい。そのためにもなるべく早く店長に昇格し、自分の思うように運営してみたいと考えています。一方で、店長を束ねるスーパーバイザーの仕事もやってみたいし、本社での人材採用の業務にも興味があります。将来のキャリアについて豊富な選択肢が用意されているのも、当社の魅力でしょう。

当社には、キャリアに応じてきめ細かな教育体制が用意されています。例えば、入社後は3ヵ月ごとに集合研修が行われ、コーヒーの入れ方や豆の知識など、基礎から丁寧に学ぶことができます。おかげでコーヒーの知識に自信のなかった私も、体系的に無理なく知識と技術を吸収できました。このように着実に成長でき、キャリアアップできる環境が整っていることも、私が当社を選んだ理由の一つです。

まず自分自身が幸せに

お客様に日常の幸せをお届けするためには、まず私たち自身が幸せでなくてはなりません。そうした考えから、当社では働きやすい環境づくりに特に力を入れており、そのなかでスキルアップできることは大きな喜びです。

『カフェ・ベローチェ』は、立地によって客層や雰囲気も様々です。ぜひ皆さんにはいろいろな店舗を訪れて、そのお店ならではの日常的な幸せを味わっていただきたいと思います。

一日の流れ

6:30
出勤。外の看板を出したり、テーブルを拭いたりと開店準備を進めます。
7:00
開店。毎朝いらっしゃる常連のお客様、そして初めていらっしゃるお客様に気持ちよく過ごしていただけるよう、
心を込めた接客で、淹れたての美味しい一杯を提供します。
9:00
モーニングタイムのピークも一段落。このタイミングで休憩。
9:30
材料などの発注業務を行い、その後ランチタイムのピークに向けた準備を進めます。
14:00
ランチタイムのピークが過ぎたところで、昼食をとります。
14:30
ランチタイム後は、新人アルバイトに対してトレーニングを行います。ポジティブなフィードバックを心がけています。
17:00
翌朝の仕込みをして、時間帯責任者に伝達事項などを引き継ぎます。
17:30
退勤。帰り道に別のカフェに立ち寄ってコーヒーを楽しんだりもします。